日本体育大学 女性アスリート競技力向上プロジェクト

このサイトについてABOUT US

近年、オリンピック・パラリンピックにおける女性の参加率は急激に増加しています。しかしながら、女性アスリートに対する効果的な支援の在り方については、いまだ研究・開発の途上にあり、育成・支援の充実を図ることが求められています。
本事業は女性アスリートの国際競技力の向上を図るため、女性特有の課題解決に向けた調査研究など、女性アスリートの戦略的強化に資する調査研究を実施し、その成果を女性アスリートや指導者等に有効なものとして還元することを目的としています。

プロジェクトリーダー

須永美歌子Mikako Sunaga

日本体育大学児童スポーツ教育学部教授、博士(医学)。運動時生理反応の男女差や、月経周期の影響について検討し、女性のための効率的なコンディショニング法やトレーニングプログラムの開発をめざして研究にとりくんでいる。日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、日本陸上競技連盟科学委員などを務める。